男性

給湯器を取り付けるなら専門業者に任せるべき

給湯機器の選び方

給湯器

機能・号数・設置法で選ぶ

給湯器と言っても用途によって、見合った給湯器を選ぶ必要があります。購入や買い替えの時には、ライフスタイルに適した機能のある給湯器を選びましょう。まず、給湯器には種類があります。給湯専用・風呂給湯器・給湯暖房熱源機の三種類に分けられており、給湯専用機はシャワーや台所の水道などでお湯を出すために用いることができるタイプです。風呂給湯器は給湯専用機にある機能にプラスして、湯船に溜めるお湯をつくることができます。機器によっては自動湯はり機能や追い炊き機能が付いていて、現代の戸建て住宅ではそのような便利な機能が付いた機器が主流です。自動湯はり機能にはフルオートとオートがあり、フルオートでは湯はり・追い炊き・保温・足し湯が全て自動で行われます。オートでは、湯はりから保温までが自動で行われるようになっています。給湯暖房熱源気は給湯や湯はりなどのお風呂と台所で使用するお湯だけでなく、温水暖房機能も付いた給湯器です。温水暖房とは床暖のことで、床暖機能以外は風呂給湯器と同様の機能があります。次に重要な選定ポイントは、号数です。号数が示すのは25度の湯が1分間にどれくらい出るのかということで、利用者人数によって適した号数を選びます。利用者が一人の場合は16号、二人なら20号、四人家族なら24号が勧められています。最後に、設置の仕方を選びます。戸建てと集合住宅で設置方法が異なり、戸建てでは据え置きや壁掛けといった屋外設置か排気口及び吸気口だけが外にある屋内設置で設置します。集合住宅ではパイプシャフト設置という玄関横の水道管などがあるスペースに設置する方法と、ベランダに設置する方法が選べます。玄関横に管あるスペースがない場合、自然とベランダ設置になります。機能・利用者人数・設置方法を自分又は家族のライフスタイルに合わせて選ぶと、適切な給湯器を設置することができます。